仕事を楽しむ

仕事はどんな仕事でも大変だと思います。ですから、一生懸命やるのは当たり前なのですが、一番大切なことは、仕事を楽しもうとする努力かもしれません。

私は英会話講師をしているので自分の仕事内容を具体的に出してお話します。英会話講師の仕事とは、英語を子供たちに教えるということなのです。

文字にすれば簡単なようなのですが、7年教え続けてきて、それだけではないように思えるようになりました。私がこの仕事をこなす上で必要なことはたくさんあるように思えます。

英語の知識はもちろんですが、それを教えるときに必要なのは子供たちとのコミュニケーション力であったり、子供たちを楽しませるエンターテイメント力であったりします。子供たちとの関係を良好にしなくては、子供たちが講師の話やアドバイスもきいてくれなかったり、ただ机に座らせて講師が淡々と話しても彼らが学んでくれないのです。

ですから、TVではやっている人やモノを使って学んでもらうためのひきつけを行ったりします。日ごろからのリサーチ、教材研究や自分のレッスンスキル。そして職場の人間関係に、最大の味方になってもらいたい、子供たちの保護者との信頼を得るための努力。電話入れ。

まだまだありますが、大変だからこそ、自分が仕事をする上で、どうしたら子供たち、その保護者、上司、そして自分こそが「楽しめる」かをいつも考えています。好きな仕事につけたのなら楽しむことも簡単なのかもしれませんが、私はこの仕事を始めたのは全く予想外でした。それでも、今は楽しんでいます。